新着情報

News

スタッフBlog

 

コンビドリル作業 in 弟子屈 (営業 山田)

2016年 9月 29日

ちょっと時を遡るのですが、去る9月20日、
僕は弟子屈にいました。今回の目的は
前パワーハロー+後ドリルのコンビマシンで、
麦の播種を行おうというものです。

IMG_1905

 

 

ご覧のコンビです。今回はフランスで高いシェアを誇るSULKY社製の
ものをデモに使用しました。
写真手前の男性が弟子屈の農家様で、平岡様です。
遠路当社を訪ねて下さって、「コンビマシンを使ってみたい」と
お申し出頂いたのがきっかけで、今回のデモに至りました。

 

 

IMG_1906

 

ちなみに今回の接続具合は上の通りです。Aヒッチを使わないパターンです。
パワーハロー側に受けが合って、そこにドリルをかませ、それからトップリンクで
つなげる、といった感じですね。
そして、それを実際に走らせた様子が下です。

 

 

ちなみに、ちょっと分かりづらいのですが、
土の上に無数の白っぽい小さい石が点在しています。
これは軽石だそうです。僕も他の地域では聞いたことがない特徴です。
この軽石が案外悪さをするそうで、これがあることによって、
刃の減りが速かったりするのだそうです。
SULKYやLEMKEN(独)は耐久性にも定評があるので、
こういった圃場でもきっと長もちすると期待したいものです。

 

 

この時期になって、コンビドリルの問い合わせが増えました。
コンビにすることによって、単に作業時間が短縮になるだけでなく、
発芽率が上昇すると評価する農家様が多いのです。
実はこの日、弟子屈以外の場所へもコンビドリルの作業で訪れました。

 

 

 

IMG_1928

 

こちらは清里町・志賀農場様です。
こちらでデモしているコンビドリルはこんな感じ。

IMG_1931

 

 

Aヒッチを使うタイプですね。
先ほどとは違い、パワーハローとドリルをAヒッチでつないで、
後は同様にトップリンクで固定、調整です。

 

 

 

IMG_1933

 

こちらも麦の播種です。
やはり播種は1年を占う重要な作業なので、調整には時間がかかります。
が、一度調整してしまえば、作業の精密さの向上と、時間の短縮を狙えます。
写真向かって右の男性が志賀様です。
こちらでの動いている姿が下です。

 

 

 

こういったコンビで、麦に限らず、大豆や蕎麦も蒔けます。
せっかく今回デモで使って頂いたので、
発芽する頃にまた是非伺って、結果を見るのが楽しみです。
今回デモにご協力頂いた平岡様、志賀様、ありがとうございました!